フラワーデザイナーは女性にとって覚悟が必要

女性

独立起業する人が増えて来ている現在。それは男性だけの話ではなく、女性にもその傾向が強く見られます。ただ男性とは違い、女性はいきなり会社を設立するのではなく、より自由に活動出来るフリーランスという形を選ぶ人が多いようです。フリーで働くことが出来る多くの職業の中で女性に人気がある仕事の一つが、フラワーデザイナーです。フラワーデザイナーとはその名の通り、草花を中心に使ってインテリアなどにに合うアレンジメントを作り上げるデザイナーのことです。一般的な具体例としてはフラワーアレンジメント講師が挙げられます。

人気が出てくれば、企業のイベント会場などの装飾を任されることもある、華やかで女性らしい職業です。しかし、他のフリーの職業と同じく、駆け出しの頃は仕事が少なかったり、また、価格設定に慣れていないために安い値段でたくさんの仕事を受けてしまい心身ともに疲れてしまうこともあるかもしれません。

金銭的にも時間的にも余裕のない生活が続き、恋愛もままならない日々が続くこともあるでしょう。フラワーデザイナーは一見華やかな憧れの職業ですが、フリーで食べて行かれるようになるまでには、この職業で生きて行くという強い決意と覚悟が必要です。

女性の美容業界 美容師

道具

美容師は見習い期間があり、その間は金銭面で非常に苦労します。見習い期間終了後も自分専用のハサミを購入する事が多く、費用がかかります。更に見習い期間終了後も大幅な賃金の向上はありません。スキルを身につける事が前提となります。美容師は髪を切るスキルだけではなく、オプションで美容関係のサービスも行っている所も多いので、両方の技術が必要です。華やかな職業に見えますが、職人の世界なので、答えを教えてくれるわけでもなく、スキルは自分で勉強して身につけるのが一般的です。スキルが低いと雑用を担当される事が増えてしまいます。

また指名制度を取り入れている美容院も多く、指名がされないと髪の毛が切れない。スキルが向上しないと悪循環に陥ります。ただ、恋愛面においては、男性も多い職場なので、充実しています。来られるお客様も男性が増えてきています。ここは女性にとって大変なメリットではないでしょうか。

最終的にお店を持つまでは職業としてみると茨の道で女性が目指すのは相当の覚悟が必要となります。めでたく独立できれば、収入も安定します。美容師はハサミ一つあればよいので、基本的経費が掛かる事が少なく、設備に過剰に投資する必要はありません。広告費用はかかりますが、それ以外はほとんど固定費はかかりません。