カラーコーディネーターは女性にとって覚悟が必要

勉強

まず収入面においてはかなり低く不安定で、年月がたってもあがる事は期待できません。それは就職先がアパレル業界になる事が多いからです。アパレル業界自体が低迷しており、販売員の給料が月収20万円を下回る方が多い状況です。カラーコーディネーターも例外ではなく、給料が安くなります。このあたりで女性は低収入でも生きていく覚悟を決めなければなりません。

但し、クリエイティブな業界を選ぶ場合は給料が高く募集している所もあります。グラフィック系のデザイナーや広告業界です。狭き門になりますが、ここに就職できればアパレル業界との差は雲泥になります。恋愛面においては、女性には非常に有利です。特にアパレル業界ではおしゃれな男性が多く勤めており、お客様もおしゃれを求めて来店されています。

出会いも数多くあるので、自分の好みに合った男性を見つける事が可能です。精神的にもちやほやされる職業ではあるので、収入面に不安はありますが、楽しい仕事といえます。但し、センスやコミュニケーション能力を必要とされますので、そのあたりが不安な方にはお勧め致しません。センスを磨きたい。様々な人とコミュニケーションを取るのが好きだという方には断然お勧めできる職業になります。