インテリアコーディネーターは女性にとって覚悟が必要

本を開く

インテリアコーディネーターは華やかな仕事ですが、華やかさに比べると収入はかなり見劣りします。普通の企業と同じく、350万円程度が主な年収になります。業務内容はセンスが求められ、ブライダル関係ですと毎日幸せなカップルのプランニングを受ける事になります。恋愛面で充実していれば、苦になりませんが、恋愛で苦労していると精神的に疲弊しますので女性には覚悟が必要です。

更に住宅メーカーなどではインテリアコーディネーターには営業職の仕事もプラスされる事が多いです。コーディネートだけではなく、見積もり契約までさせられる事が多く、女性には覚悟が必要です。恋愛面においては、華やかな仕事の為、困る事はありません。合コンの場に置いても注目の的です。

一人暮らしの男性はインテリアに興味がある事も多く、コーディネートを希望される方も多々居られます。そこから親密な関係に発展していくことが可能になります。不動産業界にも密接しているので、高収入の男性とめぐり合える可能性もあります。結婚後はインテリアコーディネーターを生かして、室内のコーディネートや家具を安く購入できる事もあるので、結婚のハードルは比較的低いと言えるでしょう。